本文へスキップ

切手買取の相場を左右する要素、現在のおよその相場について。

切手の買取と今後の傾向についてreal estate

トップページ > コラム > 切手の買取と今後の傾向について

通信用切手とプレミア切手の違い

切手買取りの傾向について解説いたします。あいきスタンプコイン
現在の切手買取は大きく2つの呼び名で線引きいたします。まず前者は「通信用切手」そして後者に「プレミアム切手」となります。

ここでは通信用切手の買取りについてご説明いたします。プレミアム切手につきましては改めてご説明いたします。 

お客様が持ち込まれる切手をおおまかに割り振りますと、通信用切手9割・プレミアム切手1割、という感覚です。ほとんどが通信用切手ということになります。 

では通信用切手とプレミアム切手の境界はどうなっているのか、ということすがはっきりとした境界線があるわけではありません。その切手の種類やプレミア度によって微妙な差がでます。

それでは答えになりませんのでもう少し具体的に言いますと、昭和35年以降に発行された切手は、そのほとんどが「通信用切手」として扱われます。

昭和39年東京オリンピックを契機に切手ブームが始まり、それは昭和50年代後半まで続くことになります。その後も当時の郵政省は輪転機を連日フル稼働させ、大量の切手を販売し続けました。


通信用切手とは

通信用切手とは、現在の切手買取の実態。
さてこの通信用切手とはどういったものなのでしょうか。それは実際の郵便料金に使用する目的で買取りが行なわれる切手のことをいいます。過去に趣味収集として購入された切手を郵便料金に充当して使用するわけです。

記念切手を貼って使ってしまうなんで勿体ない!と思われる方もいらっしゃると思います。しかし切手収集を趣味とされる方が激減した現在、過去に大量発行され各家庭に埋蔵されている切手は、使用することでしか消化出来ない時代なのです。逆を言えば郵便料金として使えるからこそ、業者は買取が出来るのです。

そして切手を使用するのは主に企業(会社)です。もちろん個人的に使用する事はできます。しかし個人の切手使用量は微々たるものです。切手はダイレクトメール発送代行会社や定期的に大量の郵便物を発送する会社などが、切手を一括で大量消費しているのです。

したがいまして金券などと同様に切手買取のほとんどは額面を下回る価格で買取られ、業者が販売する時も額面以下で売却してしまうのです。つまり額面割れ買取り、額面割れ販売ということです。

そしてこの額面割れ買取りが始まったのは最近の事ではなく、実は昭和60年代に入ってから既に始まっており、つまり35年以上も前から額面割れ買取が行われているのです。 

過去の切手収集ブーム時に大量発行された切手は、残念ながら額面以上のプレミアムは付きませんので、実際に使用する事で切手本来の使命を全うすることになります。



切手の相場を左右する要因

持ち込まれる切手の多くは1970年代〜1980年代の切手が圧倒的に多く、まさに切手ブーム時代の大量発行されたものです。

当時30代40代だった第一次ベビーブーム生まれの方や団塊世代の方たちが集められた大量の切手が、半世紀ほど経った今、既に故人となられ遺品整理として売りに出されるケースが多く、また断捨離ブームもあり切手売却が加速しているのが現状です。つまり切手は業者にとって買い手市場なのです。

したがいまして切手の相場は供給過多により下落する傾向にあり、単に受給バランスもあるのですが、切手の発行体である郵便局が、切手の価値をさらに下げる制度の変更によるところも実は大きいのです。 

切手収集ブームの時代はコレクターが切手の相場を左右していました。しかし現在では切手発行体の郵便局が相場を左右していると言えます。郵便局としては郵便料は現金で支払って欲しいのです。半世紀も前に発行した販売した切手を、今更使って欲しくないというのが本音でしょう。今後も一般の方には分かりずらい制度の変更が施行され、切手の相場は下がっていくものと予想されます。




下落相場でも高価買取りの切手専門店

以上の事から確実な未来は分かりませんが、切手を今後持っていたとしても値上がりする要因は何も見当たらないため、お早めにご処分されるほうが賢明であると判断いたします。

現在はご自宅近くの買取ショップで簡単に切手を処分することが可能ですが、切手の買取価格はショップにより大きく差があり、ブランド買取専門店やリサイクル系のショップに持ち込むと安く買われてしまう事が多いようです。

フランチャイズ系の買取実勢価格は50円以上の切手シートでも額面の半額(50%)が現在の相場となっているようです。正直とても安いと感じます。バラ切手に至ってはもっと安くなるか、買取拒否店も出始めています。 

当店は切手専門店のであるため、チェーン展開している買取店舗よりは確実に高価買取り査定をいたします。切手シートだけでなく、バラの切手も買取り対応しております。バラ切手は既に買取を断られるケースも出始めております。切手買取のご要望がございましたら切手専門店の当店にお気軽に問合せ、お持込みください。





切手や古銭記念コインの買取りご相談はお気軽に問い合わせください。

トップページに戻るにはこちら

コラムページに戻るにはこちら

切手買取りのページはこちら